舞台の情報 観劇記録 感想  そして戯言


本日はご来場いただき まことにありがとうございます

このたび 別ブログに掲載していた劇評もこちらにまとめました
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
イキウメ「見えざるモノの生き残り」 感想
JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

行ってきましたー、イキウメ!!
ずっと行きたかったので、とても嬉しいです。


私はたぶん、この劇団が単純に好きなんだと思う。 好みなんだと思う。
前川さんの作風が。
前回見て衝撃を受けたのは、NHKでの放送だったけれど
たぶん「これ好きっ!」という衝撃が半分以上を占めていたのかもしれない。
それは、異性の好みとかと一緒で、理由はあってないようなもので
なぜ好きかと聞かれれば「こーゆーのがタイプなの」としか言いようがない。

そうなると、完敗なのは8割方決まったようなものである(笑)

今回も、題材が「座敷童子」っていうところから好きだし
当日パンフの最初、「現代の座敷童子と仲良しになる方法」っていうのもすごく好きだし
役名が「ナナフシ(七節)」「カナクラ(伽那蔵)」「タイコウチ(太鼓打)」「ヒグラシ(日暮)」
そんなのからして、ドキドキしちゃうくらい好き。

舞台が始まれば、暗転する時に高まるBGM(音だけなんだけど)も、超好み。
もう「すきだ〜・・・・」と一人つぶやいてしまう。

ここまで期待ふくらませといて、
そして舞台自体もホントに上手に作り上げてあるんだから
完敗と言わずしてなんと言おう(笑)


前置きが長くなりました。


お話は、現代の座敷童子が数人、まるで仕事のグチや経験談を話すように
自分達の経験や、座敷童子とはなんぞや、みたいなのを語るというような話。
あたらしく座敷童子になった青年がいるのだが
その人がこれから座敷童子として仕事にとりかかるにあたって
研修と称して、ベテラン座敷童子が指導や経験談を語るというもの。

幸せを呼ぶと言う座敷童子だが、幸せを呼ぶ力はないこと
自分たちが出会ってお世話になった人間たちが本当に幸せになったのかどうか
幸せとは何か
そんなのをやさしく舞台上に広げて見せてくれた。

テーマが「幸せ探し」みたいなものだったからか
私が以前見た時のような、度肝を抜かれる感じ、凄くてギョッとする感じはなかった。
でもやっぱりとても上手で良質な舞台だった。
前川さんのお話もうまいし、たぶん演出もうまいし、もちろん俳優さんもうまい。
(「たぶん」というのは、そんなことが気にならないほどサラッと演じられているので、
演出技量なんか気にせずに舞台を見られるから、きっとすごくうまいんだなと思うわけで。)


舞台も簡素で、いつも「実力勝負」っていう感じがするイキウメ。
そういうところも大好きなんだよね。
奇抜なこととか、客に媚びるようなこととか、すごいハンサムor美人な俳優とかいるわけじゃない。
舞台装置や衣裳や音楽が、ものすごく凝ってるわけでもない。
見せたいものが明確で、それの表現のしかたが明確で
ちょっと懐かしい感じもするし、それでいて古臭くはないし、
「演劇!」って感じがするし

あああ〜、好きだな〜〜。
(今回は実に個人的感想ですね)


役者さんはみんなうまい。
特に私は矢口役の浜田信也さんがいいなと思った。(看板俳優でしたね)
そして板垣雄亮さん! 好みっ!(笑)
てっきりイキウメの人かと思ったら、違うのね、「殿様ランチ」という劇団の人だった。
彼もうまいですね〜。魅力的です。


前川さんが受付にいて、本やDVDを買うとサインをしてくれていた。
私もすっごく欲しかったけれど、ちょっとお値段がきびしくて、今回は見送り。
見たいなー、「関数ドミノ」。
HPで売ってる「図書館的人生vol.2」も欲しい。 
ああ困った、金がない(^^;)


楽しかったです。
次は、また衝撃作(「そんなこと考えちゃうんだ!どうなってるんだこの人の頭の中!!」みたいなの)
が見たいな〜(^^)





| 06:00 | 舞台感想 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
本当に、その通りで、派手さはないけどストライク。です♪

私も好みでした。こういう話。ちょっとファンタジーだけど甘くないかんじ。同じく音楽も好きでした〜

自分のブログにも2009年最後にアップしたんですよ。

(あ、それから楽屋でのリンクのお尋ね、今頃気づきました。すみません。もちろんOKです。嬉しいです。http://d.hatena.ne.jp/chihiroro77/

イキウメ2010年春・秋公演、福岡に来てほしいですよね!
| ちひろ | 2010/01/01 17:57 |
> ちひろさん

たぶん初めてコメントくださったお客様です、ちひろさん! いらっしゃいませ!!
ご来訪ありがとうございます。

リンクもありがとうございます。
貼らせていただきました。楽屋にも貼っちゃいます。

イキウメは、新年1発目の劇評として
トライしようかと思っています。
最近若手の作品ばかりを書いていましたので
こういう力のある良質な舞台の劇評も、ぜひ書いてみたいと思っているのです。

ちひろさんも劇評?感想?書かれていますが
引きずられるといけないので、自分のを書き上げてから読ませていただきます!

ええ、次回もぜひまた福岡に来て欲しいですね!!
(アンケートに大きな字でそう書いてきましたww)


いつも魅力的な文章、楽しく読ませていただいているとともに勉強させていただいております。
今年もどうぞよろしく!!
| 観世 | 2010/01/03 17:03 |
リンク、ありがとうございます。

私も、リンクの貼り方わかったら(←ちょっとこういうところ苦手&不精でして…)いつか張らせてください。

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします♪
| ちひろ | 2010/01/07 21:58 |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
| 劇評の森 | 2010/01/16 21:23 |
JUGEMテーマ:演劇・舞台イキウメ 「見えざるモノの生き残り」                日時: 2009年12月23日  14:00〜    場所: 西鉄ホール     村山雅子  座敷童子と言えばおかっぱに着物姿の女の子というイメージだが、ここに出て