舞台の情報 観劇記録 感想  そして戯言


本日はご来場いただき まことにありがとうございます

このたび 別ブログに掲載していた劇評もこちらにまとめました
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
浮足町騒動

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

まどかぴあで行われたプロデュース公演「浮足町アンダーグラウンド」。

これをめぐる様々なことについて、メモ的に記しておきたいと思う。

というのも、色々なことが絡んで非常に興味深い顛末となっているからだ。

舞台を制作することについて、

プロデュース公演を打つことについて、

またそれに参加することについて

多くの具体的な参考になると思う。

 

思いついた順にメモをしていくが

最後にきちんとした形でレポートのようになったらいいのだけれど

どうなりますか(今はまとめる自信はないw)

 

******

 

まどかぴあが、設立20周年を記念して、

演劇公演を行うと発表したのは昨年のこと。

作・中島かずき、演出・内藤裕敬、役者として大野城出身の池田成志が参加。

他の役者はオーディションで選ばれるという企画だった。

 

これはすごい! まどかぴあ、すごいぞ!!と私は興奮した。

たぶん福岡の演劇関係者は皆、おぉと目を見張ったことだろう。

役者なんかできるわけがない私でさえ、かずきさんの作品をナルシさんと演じられるならオーディションを受けたい!と思ったほどだ(笑)

 

昨年秋には、この公演のプレ企画である、演劇ワークショップが開催された。

講師は、劇団☆新感線の俳優でアクション・殺陣も担当している藤家剛氏、

プロデュース公演の演出が決まっている内藤裕敬氏、

俳優の池田成志氏、という豪華講師陣。

私はボランティアで募集されたレポーターに応募して

幸いにも全ワークショップを見せていただいた。

参加者の熱意は強く、熱心な指導に素直に必死についていき、意識を高く持つようになる様子を

間近で見せていただいた。

(このブログの過去記事でも触れてある)

 

そして翌年、オーディションが行われて出演者が決まり、

中島かずきさん、内藤さん、池田さんと、出演者陣も揃った記者会見が行われた。

 

私は自分が忙しくなってしまい、これ以上関わることはできなかったが

公演の成功を心から祈り、楽しみにして、

進捗を見守っていた。

 

 

 

| 08:31 | 演劇イベント in 福岡 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。