舞台の情報 観劇記録 感想  そして戯言


本日はご来場いただき まことにありがとうございます

このたび 別ブログに掲載していた劇評もこちらにまとめました
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ワークショップ・レポーター 1日目
150912_0808~01.jpg
大野城まどかぴあで行われる
『俳優になるためのワークショップ』アクション編
1日目の見学に行ってまいりました。

WSのレポートはお仕事として別口で書きますが、
個人的メモを。

今回かなりの応募があり、
落ちて受講できない方もいたそうです。
定員20名だったところを、28人に増やしたとのこと。

私が会場に入ると、その俳優のタマゴさんたちが、舞台の上で準備をしていました。

講師は藤家剛(ふじいえ つよし)さん。
劇団☆新感線の舞台にもよく出演されている
アクション俳優さん・・・というのかな。
「蜉蝣峠」のスタッフジャンパーをお召しになっていらして
それだけでテンション上がったワタクシ(笑)
(その後ジャンパーは脱いで、「メタルマクベス」のTシャツになってしまわれましたが。)

参加者の中には、以前舞台でお見かけしたことのある俳優さんもチラホラ。
(ガラパの役者さんが何人もいます。
藤家さんのアシスタントのアクションクラブの人も、見たことあるな〜と思ったらガラパの役者さんだった)


皆さん、当然かもしれませんが、
学ぼう、吸収しようという姿勢がありありと見え
真面目ですばらしいですね。

とはいえ、皆さん決して運動能力が高いとはいえず(笑)
ちょっと失礼かもしれませんけど
福岡の演劇シーンが今ひとつ活気や精気に欠けるのは、こういう所・・・身体が動く役者が少なく、頭でっかちな芝居が多いせいかも、
などと思ったりしました。
身体を派手に動かすことを売りにしてる劇団って、福岡にはないような気がします。
(私が知らないだけだったらゴメンナサイ)


いろんな動きの指導を受けて
少しずつできるようになっていく皆さん。
見ていても、全然違って良くなっていくのがわかります。
こういう指導を受けられるって貴重ですね。

 
| 14:07 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。