舞台の情報 観劇記録 感想  そして戯言


本日はご来場いただき まことにありがとうございます

このたび 別ブログに掲載していた劇評もこちらにまとめました
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
朝倉摂さんの年齢
JUGEMテーマ:演劇・舞台

100914_2133~01.jpg
今日の朝日の夕刊に、朝倉摂さんが載った。

朝倉摂といえば、日本の舞台美術の第一人者。
私の見た舞台もいくつも担当されてた。
野田秀樹もよく使ってたと思う。

そんな朝倉さん、
名前と、作られた舞台のイメージから
『スレンダーで頭がキレる感じの、50代くらいのカッコイイ女性』というイメージを
勝手に持ってました。
服は黒!みたいな。 いつもスリムなパンツルック!みたいな。

そしたら
今日の記事に「1922年生まれ」とあった。

1922年!?

きゆ、90歳近いの!!??(◎o◎)

知らなかった…
というか、
朝倉さんの年齢について考えたことがなかった。
舞台のかっこよさと名前の字面から
先に書いたようなイメージを持ってて、
そのイメージは年をとることがなかった。


てーことは、
私が「さすが朝倉摂、カッコイイー」なんて見ていた舞台は、
10〜20年前としたって
60〜70代の作品なわけ!!?

すごいなー。
新聞記事によると、
NYへ行ったのが47歳のとき。(1969年!)
その後、自分の作品も何かが変わった、とおっしゃっている。

そうかー
そんなお年を召した方だったのか…


まだ現役で舞台作っておられるのかしら…(*^-^*)
| 22:11 | 語る。 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。