舞台の情報 観劇記録 感想  そして戯言


本日はご来場いただき まことにありがとうございます

このたび 別ブログに掲載していた劇評もこちらにまとめました
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
浮足町騒動

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

しかし、

 

残念ながら舞台は、ちっとも面白くなかった。

正直、期待はずれであった。

 

あの企画で、あれだけの労力を費やして・・・・・できたのがこれ?

 

私はそう思ってちょっと呆然とした。

おかしいな、そんなはずない、面白くないはずないんだけど、

私の感性が鈍ったか古くなったのかな?

そこまで思ってしまったくらい。

 

実は、劇評の1本も書いて、新聞社にでも投稿して

それが宣伝になったらいい、熊本や宮崎でも興味を持った人が来てくれるように、

なんて考えて一人でニヤニヤしていたくらいだったのだけれど

とても誉める内容の劇評など書けそうにない。

 

私は気を取り直して、日曜にもう1回見た。

過去記事にも書いたが、初日は中島テイストに縛られていたのかもしれないと反省して

よりフラットな気持ちで見ようと心がけた。

 

それでもやっぱり・・・面白くなかった。

どう劇評を書いて良いのかわからない。

いくらか関わり、これだけ近くで見てきたのだから、悪いことは書きたくないけれど

ごまかした批評はどうしても書けない。良いと思えないものを誉めることはできない。

 

しばらく悩みながら、ネットの感想を探してさまよったりしていた。

そうするうちに思った。

なぜ面白くなかったんだろうか。

なぜ企画は中途半端になってしまったのか。

それを調べたら、自分でも納得できる答えを見つけられるかもしれない。

 

私はそれを調べようと思って、様々な感想や意見を探して読み始めた。

 

 

 

| 12:55 | 演劇イベント in 福岡 | comments(0) | trackbacks(0) |
浮足町騒動

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

さて、公演本番も間近となった 8月30日。

このような告知がされているのを目にした。

 

~「浮足町アンダーグラウンド」作の変更について~

 本公演はかねてより、「作:中島かずき 演出:内藤裕敬」と周知して参りましたが、

稽古の過程の中で、中島かずき氏の執筆した脚本を素材に内藤裕敬氏が新たに書き下ろした台本で上演する運びとなりました。
 つきましては、作・演出を

「作・演出:内藤裕敬(中島かずき作「浮足町アンダーグラウンド」より)」に変更させていただきます。

中島かずき氏の脚本ということで、楽しみにしていただいたお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますことを深くお詫び申し上げます。

すべて、私共まどかぴあ職員の調整不足、コミュニケーション不足であることと深く反省しております。
 今回の件に関しましては、すべて「公益財団法人大野城まどかぴあ」が責任を持って対応を行います。

何卒ご理解、ご了承いただき変わらぬご声援を賜りますよう心からお願い申し上げます。
なお、今回の変更に伴う払い戻しにつきましては、下記をご参照ください。

 

公益財団法人大野城まどかぴあ

理事長  安河内 俊明

 

 

私はこれを見たとき、それほど深刻には捉えていなかったのである。

演劇批評をする者として勘が鈍いと言われれば返す言葉もないが、

「へー」と思い、払い戻しまですると書いてあるのを見て「大袈裟だな」と思ったくらいであった。

しかも理事長名での告示であり、

サイトでもツイッターでも流し、貼ってあるポスターにまでも貼り足してお知らせしていたので

ずいぶん大ゴトなんだな、くらいに思っていた。

 

一つには・・・「別に面白ければいいじゃん」と思っていたのである。

作・演出が誰であろうと、公演が面白くて成功すればそれでいいじゃないか。

しかも報道やネット情報で見る限り、

中島・内藤・池田のお三方は、かなり親しくて信頼しあっているように"見えた"。

 

6月13日 制作発表記者会見

 

8月6日 稽古初日(公演Facebookより)

 

だから、内藤さんが書き下ろしし直したと聞いても

了承の上で、そうした方がより良い作品になりそうだからということでしたのだろう、

それなら別にいいじゃない?と、あまり気にしなかったのだ。

 

そう、面白ければ良かったのである。

華々しく評判になり、大成功!となれば良かったのだ。

 

しかし・・・・

 

 

 

| 16:56 | 演劇イベント in 福岡 | comments(0) | trackbacks(0) |
浮足町騒動

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

まどかぴあで行われたプロデュース公演「浮足町アンダーグラウンド」。

これをめぐる様々なことについて、メモ的に記しておきたいと思う。

というのも、色々なことが絡んで非常に興味深い顛末となっているからだ。

舞台を制作することについて、

プロデュース公演を打つことについて、

またそれに参加することについて

多くの具体的な参考になると思う。

 

思いついた順にメモをしていくが

最後にきちんとした形でレポートのようになったらいいのだけれど

どうなりますか(今はまとめる自信はないw)

 

******

 

まどかぴあが、設立20周年を記念して、

演劇公演を行うと発表したのは昨年のこと。

作・中島かずき、演出・内藤裕敬、役者として大野城出身の池田成志が参加。

他の役者はオーディションで選ばれるという企画だった。

 

これはすごい! まどかぴあ、すごいぞ!!と私は興奮した。

たぶん福岡の演劇関係者は皆、おぉと目を見張ったことだろう。

役者なんかできるわけがない私でさえ、かずきさんの作品をナルシさんと演じられるならオーディションを受けたい!と思ったほどだ(笑)

 

昨年秋には、この公演のプレ企画である、演劇ワークショップが開催された。

講師は、劇団☆新感線の俳優でアクション・殺陣も担当している藤家剛氏、

プロデュース公演の演出が決まっている内藤裕敬氏、

俳優の池田成志氏、という豪華講師陣。

私はボランティアで募集されたレポーターに応募して

幸いにも全ワークショップを見せていただいた。

参加者の熱意は強く、熱心な指導に素直に必死についていき、意識を高く持つようになる様子を

間近で見せていただいた。

(このブログの過去記事でも触れてある)

 

そして翌年、オーディションが行われて出演者が決まり、

中島かずきさん、内藤さん、池田さんと、出演者陣も揃った記者会見が行われた。

 

私は自分が忙しくなってしまい、これ以上関わることはできなかったが

公演の成功を心から祈り、楽しみにして、

進捗を見守っていた。

 

 

 

| 08:31 | 演劇イベント in 福岡 | comments(0) | trackbacks(0) |
すごい! 今度のまどかぴあ舞台創造プログラム
JUGEMテーマ:演劇・舞台


まどかぴあが本気出した!!びっくり

大野城まどかぴあから、子ども宛に封書が届きました。
うちの子どもたちは以前、まどかぴあの舞台創造プログラムという企画で
「子どもミュージカル」に参加させていただいたので、それで届いたのでしょう。
開けてみると、舞台創造プログラムのお知らせではあったのだが

これがなんと!!!
20周年ということで、大変なことになっている!!!


まずは演劇のワークショップ、3講座。
http://www.madokapia.or.jp/workshops/detail/34

俳優になるためのワークショップシリーズ
『”身体力”を鍛える! [アクション編] 』 講師 藤家 剛(俳優・殺陣師)

『”想像力”を養う! [台詞と向き合う編] 』 講師 内藤裕敬(南河内万歳一座 座長)

『”表現力”を培う! [実践演技編] 』  講師 池田成志(俳優)


うええええーー!!ガーン すごい講師陣だ!!
藤家さんは新感線の殺陣師さん。テレビ業界でも有名な方らしい。
内藤さんは万歳一座の座長さん。福岡でもたくさん公演をしているから、ご存知の方も多いはず。
そして・・・ナルシさんっ! 池田成志さんが演技指導をするですってぇぇぇ!!?
万一私が受講したら、緊張して何も一歩も動けないでしょう。(目が怖いしw)

とにかくものすごいメンバー。
さらにうれしいことに 「ワークショップレポーター募集」との文字発見!!ハート目
なります! レポートさせてくださいっ!!
こんなお仕事をしたかったんです!待ってました!!(おちつけ)

今さら俳優になる勉強をするつもりはありませんが(笑)
レポーターは応募してみようと思いますし
もしダメでも見学ができるらしいので、見学しにいきたいと思います! スキップしてっ!(笑)

本当に楽しみな企画ですハート


そしてさらにさらに!
「プロデュース公演」ということで、来年の9月に公演をするのだそうです。
演出:内藤裕敬、 脚本:中島かずき、 出演:池田成志
http://www.madokapia.or.jp/workshops/detail/35

・・・・脚本、中島かずきぃ〜〜〜!!??がーん すごいじゃないですか!
書下ろしですってよ!
しかも、ナルシさんも一緒に出演するだなんて!
これは・・・各地からすごい人々がたくさん応募してくるんじゃないですかね。
(大野城近辺優待枠とかないんですか?)


うちの子が出演したミュージカル以後、企画がなくて
また出たかったのに、もうやらないのかな〜と残念がっていたのですが
今回のこのBIGな企画に、親子でちょっとビックリしています。
子どもは、ワークショップのどれかには出たい、と言っています。
倍率高いかな〜(^^;)

 
| 12:07 | 演劇イベント in 福岡 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日の感想をつぶやき風に その2
今日は楽しみにしていた扇田昭彦先生の講義。
内容は現代演劇史。
私の一番好きな分野&一番好きな先生です(*^-^*)

扇田先生は変わらず素敵だった!!
もう、ホントにあんな人になりたい。
博識で、上品で、気持ちは熱い。そして偉そうな所が一切ない。
憧れるわ〜。

今日のお話は、1960年代から現在までの演劇の流れだったんだけど
だいぶ駆け足で、しかもダイジェストだった。
ああ、大学で扇田さんが教授だったら1年かけて授業を受けたい!
いや、ゼミに入りたい!
(愛を叫ぶのもいい加減にしましょう)

駆け足だったけれど、今日は、
60年代当時の体験談が聞けてうれしかった。
寺山修司の街ジャックや、唐十郎の新宿西口公園事件の、体験談。
「その場にいた」「それを見て来た」というのが、
扇田さんが演劇ジャーナリストとして貴重であることの、最たるポイントであると思う。
そのお話を直に聞くことができて、嬉しかった。

また、扇田さんの素敵な所は「上品」なところ。
演劇というのは、ものによっては過激でエログロで悲惨であったりするのだが
扇田さんがあの語り口と穏やかな表情で説明されると、
そういう表面的なものは取り払われて、その作品の本質がわかるような気がする。
例えば、大人計画なんか私はあまり好きではなくて、
あの舞台の過激さ、性的描写や差別的内容に引きずられてしまう。
要は「嫌い」目線で見てしまうので、批評も眉をひそめたような内容になってしまう。
扇田さんはそういう所がない。
過激さやグロテスクささえも俯瞰して見て、その作品の本質を落ち着いて捉えていらっしゃる。
さらに私たちに提示(説明)する時にも、
こういう舞台で、こういう意義がありすばらしい、という感じで話される。
私はそれを聞いて、そうか、そこが面白いのか!とか
そこに本質があったのか!と
理解することができるのだ。

私もそんなふうになれたらいいのだが。
まだまだ勉強不足です。


今日は懇親会(飲み会)があるのですが
昨日も飲み会だったし、家族にも申し訳ないので断念しました。

講義終了後、以前一緒に劇評講座を受けた友人と
扇田さんに声をかけました。
こちらが名乗るより早く
「やぁ、お久しぶりです(・∀・) 」
と言って下さいました。 感激です!(≧∇≦)
懇親会に出られない旨と、来週も楽しみにしていることをお伝えしました。


来週は演出についてのお話だそうです。
楽しみです!!

| 18:14 | 演劇イベント in 福岡 | comments(4) | trackbacks(0) |
今日の感想をつぶやき風に
今日で2日間の、鐘下さんの戯曲解釈講座が終わった。

1本の戯曲をここまで掘り下げるということに、
驚きと感心を覚える。


私は演劇をしていた頃
3人の演出家にお世話になった。
(「演出家」といっても、まあ同年代の友人だが。)
一人は感情型。あと二人は深読み型だったと思う。

深読み型の二人は非常に説明が多く、外側から固めるタイプだったと思う。
今回の鐘下さんがたぶん同じタイプ。

役者を動かすためには「かわいい女だよ」「愛がもっと深いんだ」などと言っても、わからないことが多い。
良い役者は「わからないからわかるように、演技できるように説明してくれ」と言ってくる。
気持ちや主観的感想を伝えるよりも、
事実・・・年齢や置かれている状況や、相手との関係など・・・を伝えた方が
その人物像がより明確にイメージできる場合がある。

なるほど、その通りだ!

でも私は感情型の方が好きだった。
テンションを上げようと努力ばかりしていた。
このセリフをこの人が言うのは、こういうバックグラウンドがあるからだということは
(少しは考えたけど)そんなに深くは考えなかったな。
気持ちを入れて、それで人物を動かす動機づけをすることしか考えてなかった気がする。
それに夢中になっていた。

うーん、だからいい役者になれなかったのかなっ(笑)

ま、もちろん脚本の内容にもよるのだろうけど。

今回学んだようなアプローチの仕方を当時知っていたら
もっと違う役作りができたかもしれないし
細かい所、深い所まで突いてくる深読み型演出家の求めているものも
もっと理解してあげられたかもしれない。

そんな、昔のことを思い出しながら聞いた講座でした。


講座の内容や感想は、またあらためて。



| 21:56 | 演劇イベント in 福岡 | comments(0) | trackbacks(0) |
演劇づくりのための10アイテム  2日目
2日目は、鐘下辰男さんの戯曲解釈。

鐘下辰男さんは、「演劇企画集団THE・ガジラ」の主宰者で、劇作家、演出家さん。
私は実はガジラ作品を見たことがなく、鐘下さんもお名前しか知らなかった。
拝見したら、非常にカッコイイオジサマだった(笑)
まずスタイルが良くて、ロン毛とサングラスがお似合いで。
(お写真お借りしました)
年齢からいうと、私と同世代というか、
これくらいの年齢差の方々と私は演劇をやっていたので
当時の演劇仲間を思い出し、彼らもちょうど鐘下さんみたいな感じになっているのだろうなと
余計なことを考えたりしました(笑)
(正直に言ってしまうと、当時の彼氏のことを思い出したりしていましたw)


さて、今回の講座の題材として、事前に与えられていた戯曲が
岸田國士の『紙風船』。
これを家で読んで来るようにと言われていました。

『紙風船』は、登場人物が 夫と妻の2人だけの芝居。
私、ナイロン100℃の公演をテレビで放送した時に
岸田國士の短篇集みたいな作品で、『紙風船』もあって、見たような気がしたのです。
たしか夫がみのすけさんで、妻が村岡希美さんだったような記憶。
で、なんとなくそんなイメージで読んでしまいました。

岸田國士の戯曲なんてものを、私は初めて読んだのですが
旧仮名遣いであり、セリフが・・・なんと言いますか、飛躍すると言いますか。
現在の戯曲のようにこと細かに説明しておらず、状況や人物像が非常につかみづらい。
3回くらい読みましたが、わからない部分がいっぱいです。



 
Read more ...
| 08:00 | 演劇イベント in 福岡 | comments(0) | trackbacks(0) |
演劇づくりのための10アイテム  1日目
ダニー・ユンさんのシンポジウムに参加してきました。
タイトルは「海外へ作品を発信していくこと」

非常にレベルの高いお話で、久しぶりに大学の講義を聴いているような感じでした。

ダニーさんは香港の舞台芸術家で、
「進念・二十面體」(ズニー・イコサヒドロン)という団体の芸術監督をされています。
この活動を基盤として、世界的な活動もされ、認められている。

とにかくダニーさんの考えていること、していることの、レベルの高さ、大きさに圧倒されました。
私は、演劇は基本、「やりたいからやる」ものだと思っていました。
でもダニーさんは繰り返し言っていました。
なぜやるのか。目的が大事である。
やったことで、何の効果が得られたか。自分自身にも。社会的にも。
「目的をもってやる」「それをやったことで何が起きたかを理解する」
ダニーさんの舞台作品は、そういうものでした。
そんな大きなことを考えて、舞台に取り組んだり、舞台を見たりしたことは、ほとんどなかったです。
そういう意識さえ、正直持ったことも無かったので
その考え方に圧倒されたのでした。

ダニーさんは世界中の芸術家と交流したり、フェスティバルを開催したりしていますが
必ず「これをしたことによって何が変わったか」を、終わってから検証、検討するそうです。
また、いろんな国で、いろんな問題提起をする舞台をすることによって
さまざまな政治的体験もしているし
そういうことを体験しているからこそ、大きな視点で芸術の交流と言うものを捉えているのでしょう。

また、ダニーさんの作品では、伝統芸能も大切にし、取り入れています。
作品の中に崑劇を取り入れたり、崑劇と(日本の)能のコラボレーション作品を作ったりもしています。
日本の演劇で、たとえば能や狂言、歌舞伎、文楽、日本舞踊といった、
日本の伝統芸能を融合させている作品など、あるでしょうか。
(たとえばク・ナウカなどはそうだったんだろうけど、今若手でそういう所ってあまりない気がする)
今回、ダニーさんの作品を映像で見せていただいたり
実際の崑劇を、シー・スー・ジャンさんという踊り手さんが披露してくださったりするのを見て
こういう取り入れ方や、伝統芸能への敬意は、
現在の日本の舞台作品ではあまり見られないな〜と思いました。


非常に内容が濃く、多岐にわたっていたので、書ききれませんが
私が取ったメモの中から、ポイントとなる言葉を書きつけておこうと思います。
自分の備忘として。


 
Read more ...
| 22:08 | 演劇イベント in 福岡 | comments(0) | trackbacks(0) |
演劇づくりのための10アイテム
140920_1340~01.jpg
お久しぶりにただいまでございますm(__)m


今日から、表題の演劇の講座を受けますので
こちらにレポしていこうと思います。

全6回の講座で
今日は香港の演出家ダニー・ユンさんのシンポジウムです。

ダニー・ユンさんは、今年の福岡アジア文化賞を受賞された方。
2日くらい前にニュースに出ていたのを拝見しました。

聞き手は、朝日新聞の佐々木達也さん!
数年前、福岡で公演される舞台の劇評などを書かれていた記者さんです。
東京本社に転勤になって、文化担当でなくなったと聞いていました。
ちょっとメールでやり取りしたこともあるんですがね。
あれから・・・5年くらいたったかなあ。
お久しぶりの佐々木さんです♪


もうすぐ開始時刻ですが
参加者が10人くらいしかいないぞ・・・。
こんなもんか?


| 14:00 | 演劇イベント in 福岡 | comments(2) | trackbacks(0) |
そしてブラッシュの打ち上げ
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
さて、企画が終わった後の打ち上げです。 参加費1000円。
私はここへ来るのに、直前にあった用事の後 直行だったので
夜8時を過ぎても何も食べれないとお腹が鳴るよ〜(> <) と思っていたんだけど
奥の方からおいしそうなものがいっぱい出てきました! よかった!(笑)
ビールもあって・・・・・こんな時は下戸がうらめしい。

120128_1946~01.jpg
料理が並べられ、飲み物が全員に行きわたって、カンパイ。

乾杯の音頭は土田さん。
120128_1947~02.jpg (手前のグレーの服は FPAP高崎さん)

120128_1947~01.jpg (右2人、田辺剛さんと山下キスコさん)

私は、Nさん以外お話できそうな方がおらず
去年舞台に足を運んでいないので、劇団関係者も全然わからず
どうしたもんかな〜と最初は居心地悪くしていたんですが
なんとなく土田さんと宮園さん(78produce)のオモシロ漫才を見つつ
山下さんにも話しかけたり、
Nさんと長谷川博巳くんについて語ったりw ・・・するうちに、人見知りも解け
楽しい時間を過ごさせていただきました。
高崎さんとも話せて(高崎さんと話すのはなぜかいつもキンチョーする ^^;) よかったです。

ともあれ、いつもこういう場所に来ると、
やっぱり自分の居場所はココだな〜と思うんですよね。
こういう雰囲気の場所が好き!って。
そして今回も、たくさんの人と出会えて、本当に楽しく、うれしくて
やっぱりまたココへ戻って来よう!という思いを強くしたのでした。


自画自賛になりますが
「批評」という立場で福岡の演劇界に関わっている人は、新聞記者を除けばあまりおらず
でもそういう立場からの意見は必ず必要なわけで
私のような存在は実はかなり意味があるのではないかと、今回思ったわけです。
演劇作品の批評ももちろん、
現在の演劇界の動向や方向性まで把握して、客観的立場から活動を見守る。
そして的確な意見を言ったり文章を書けたりする。
そういう人は必要なんじゃないかなぁ。
もし、私がそうなれたら、本当にうれしい。
そのためには、福岡の演劇事情もさることながら、
日本全国の演劇事情、東京などの最先端の情報も勉強しなければならないな。

そんなことを思いながら、
「自分がどう演劇に関わっていきたいか」という『夢』がなんとなく見えて来た気がして
とてもワクワクしながら帰宅いたしました。

まだなかなか、自分の時間が自由にはなりませんが
目指すところは見えて来たので
そちらへ向かって、細々とでも途切れることなく、勉強していきたいと思っています。


誘ってくださったNさん、本当にありがとう。

それから私が帰る時に、いっぱい手を振ってくれた三坂さん、うれしかったです。ありがとうね!
また女優としてのあなたも見たいです。


個人的な記事になってしまいましたことをお詫びします(笑)




【追記】
次のブラッシュ(3月3日)も興味あるけど
もっと興味あるのがその翌週の
「ゲキトーク」(3月10日)
多田淳之介さん×柴幸男さん×中屋敷法仁さん ですってぇーー!!!
絶対行く。
そんな毎週は出ごとは無理だから、ブラッシュはあきらめて、ゲキトークに行きます!




| 11:57 | 演劇イベント in 福岡 | comments(0) | trackbacks(0) |