舞台の情報 観劇記録 感想  そして戯言


本日はご来場いただき まことにありがとうございます

このたび 別ブログに掲載していた劇評もこちらにまとめました
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
扇田昭彦さん追悼
JUGEMテーマ:演劇・舞台


一言で言えば、「こんな人になりたい」という人でした。

扇田先生はもともと朝日新聞の記者で
たまたま、芸能関係の部署に配属されて
演劇が好きだったこともあり、取材をしたり批評を書いたりされるようになりました。
当時(たぶんもう40年以上前)のことですから、今のように情報がすぐ得られるわけではないし
テレビ放送も無い。
扇田先生はたくさんの舞台に足を運ばれました。
その中で、唐十郎、野田秀樹という才能を目にし、
当時異端と見られていた彼らの作品を、正当に評価しました。
扇田先生というのは、そういう「新しい才能」が大好きでした。
もう少し最近では、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんや、松尾スズキさんも評価していた。
驚くべきは、奇をてらったものが好きだったわけではなく、
ちゃんと力がある若手を見抜いていたこと。
その証拠に、彼らは今、みんな日本の演劇界の実力者となっています。
そうかと思えば蜷川幸雄さん、井上ひさしさんといった巨匠に対しても
同じように接し、公平な評価をされていました。
あのやわらかな風貌からはなかなか想像できませんが、あれでけっこう武闘派で(笑)
ダメなものはダメと(自分で思ったら)書いて発表したりするので
蜷川さんと大ゲンカしたり、出入り禁止だったかな?そんなこと言われたりして。


扇田先生の強味(と私が思うところ)は
たくさんの演劇をじかにその目で見られてきているところです。
当時の劇場の雰囲気はもちろん、作品に与えた当時の社会の様子を、その目で見て来ている。そこで生きて来ている。
それをたくさんの記録に残しています。
さらに、現在は現在の作品の評価、現代社会におけるその作品の意義づけなどを
時代に則し、いつも冷静な目線で書かれていました。

たくさんの経験と豊富な知識。
おだやかで知的な風貌。
誰にでもわけ隔てなく接する態度。
私のような者にも、怪訝な目線を向けることなど一度も無く
まるで旧知の友人のように接してくれました。
それでいて、評価は冷静で厳しい。
劇評を見ていただいた時にも、どの部分が良くて、どこが悪いか、足りないか
きちんと厳しく説明してくださいました。

私は扇田先生のようになりたかった。
たくさんの舞台を見て、それをなるべく記録して
新しい人や新しい作品が出れば、それに対して正しい評価をして、将来を期待する。
そういう演劇人でありたいと思いました。
劇評を書く時にも、誰が読んでもわかりやすく、おもしろく
その舞台 見てみたいな、と思えるようなものを書きたい、
それでいてきちんと、演劇の情報やその舞台の意義も記したい。
そう考えながら書くように心がけていました。

私も子育てや他のことが忙しくなって、ずっと劇評を書いているわけにもいかなくなったり
福岡の演劇シーンも盛り上がるどころかやや低迷気味であったりして
ここ最近は演劇の勉強は怠けていたと言わざるをえません。

そんな中で、このようなブログを書いてもいるのですが
ブログを書くにあたっても、いつも私の文章の基本は
扇田先生に教えていただいたことでした。

読んでおもしろいように。わかりやすい文章であるように。
おもしろそうだから私も見てみようと、読者の人に思ってもらえるように。
批判的はものは書かない。努力していることを否定しない。
新しい才能、新しい世界を見つけたら、それが本当に価値あるものかどうか見極める。
価値あるものであったら、信念をもってそれを紹介する。
つまり、自分の審美眼を信じる。

私が芸術に接する時の基準、文章を書くときの基準は
すべて扇田先生から学んだことだと言っても過言ではありません。
ちゃんとした劇評を書く時にも、別に先生に見せるのではないですが
迷った時には「これを読んだら先生はなんと言うだろう」「先生だったらどんな書き方、持って行き方をするだろう」と
そこへ立ち戻りながら書いていました。

私の心の支え。私の基準であり、目標でした。


扇田先生には数回教えていただいただけで、とても「弟子」「生徒」などと言える立場ではないのですが
私は(何度も言っていますが)勝手に「心の師」としていました。
その先生が亡くなった今
私はどうしたらいいのか。


こんな時に、私が好きなフィギュアスケーター町田樹さんが
「継ぐ者」というタイトルの素晴らしい作品を発表されていて
私がそれにインスパイアされているのですから、不思議なつながりだと思います。

町田さんが、作品のコンセプトとして発表した文章*の中に、こういう言葉がありました。
『人間は誰もが何らかの「継承者」と言え、
その人生を全うする過程で、
「受け継ぐ者」と「受け渡す者」の両者を経験することになるはずです。
人から人へと連なる、過去へも未来へも永遠と続く、その連綿たる連鎖の中に存在する』


私は一介の主婦にすぎませんが
扇田先生の教えを少しでも受け、それを目標にものを書いて来た者として
先生の姿勢やものの見方を、私なりに受け継ぎ、自分の人生で生かし
できる範囲で何かを残していくこと。
それが、私がしなければならないことなのだろうなと思います。

町田さんのことばが、本当に響いて来ました。
扇田先生とお知り合いになれ、教えを受けることができた幸せと意義を、
忘れずに生きていかなければならないな、
いや、"ならない" じゃない、
そうして生きていけばいいんだな、と思えました。
別に、これからすごい劇評を書くぞ!とか、先生の遺志を継いで演劇の歴史を刻むぞ!なんていう大仰なことじゃなくて
先生の教えを胸に、
自分のできることを、できる範囲でしながら、生きていこう、
私も扇田先生の教えを、ほんの少しでも「継ぐ者」の一人として、
誇らかに、がんばっていこうと思えたのでした。
(「誇らかに」は町田さんが引退された時に言った言葉です)

そして、たとえばこのブログを訪れてくれた人が
私が書いたものによって何かへの興味が広がったり、新しい世界を見つけたりしてくれることがあったら
私も何かを「受け渡す」ことになるのかもしれない。
それは演劇のことではないかもしれないけれど
扇田先生の教えによって、書いているこの文章が、何かを誰かに伝えられたのだとしたら
それでいいのかもしれない。

今、そんな風に思っています。


だから、これからも書きつづけようと思っています。
ブログも、演劇に関する文章も。



扇田先生のご冥福をお祈りします。
先生、これからもずっと私の側にいてください。
・・・というか、勝手に私の心の傍らに置かせていただきます。
これまでもそうだったように(*^^*)


*町田樹さん「継ぐ者」作品コンセプト:http://tatsuki-machida.com/skating/17_inheritor.html


   *******
 
続きで、演劇レビューを書かれている『因幡屋ブログ』さんの
扇田先生追悼記事を転載させていただきます。(自分用の記録として)
因幡屋さんの演劇レビュー、これまでもたびたび読ませていただいていました。
宮本さん、転載許可、ありがとうございます。

 
Read more ...
| 23:29 | 劇評関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
劇評書きました〜
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
ようやく、「ワレラワラルー」 と 「図書館的人生 vol.3」 の劇評を書きあげました。

「ワレラワラルー」は、本文はかなり早く書きあがっていたのですが
タイトルを決めるのにすごく時間がかかってしまいました。

私は短いことばで端的にあらわすのが苦手です。
タイトルをつけるとか、俳句を詠むとか、あるいは標語とか、そーゆーのが・・・・。
なぞかけなんか絶対無理(笑) ねづっち天才!!
私はセンスないんですよね〜。(と思うんですよね〜)
誰か、そういうのをうまく考えるコツを教えてくれませんかねぇ。


よろしければまた劇評を読んで、感想をいただけたらうれしいです。

劇評はコチラ → 「劇評の森」 http://gekihyo-2009.jugem.jp/

| 23:09 | 劇評関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
劇評賞 受賞いたしました!
JUGEMテーマ:演劇・舞台

 もう書いてもいいかな。


ワタクシこのたび、福岡・九州地域演劇祭の劇評賞というのに応募して
なんと 受賞いたしました!! (本名で載ってますが)

ありがとうございます!!!


8月29日の記事に、応募するぞ!と書いてあった、アレです。
題材は「夏の夜の夢」。
そのうち、扇田先生の選評とともに、HPに載るらしいので、ごらんになっていただければ幸いです。


前から言っていますように、私は扇田先生のファンで、
先生に読んでいただけるならなんでも書きまっせ!! という姿勢なんですが
「応募作品の中から1つを選んで表彰する。扇田先生が批評をしてくださる」というのを聞いて
じゃあ1番にならなければ扇田先生の評はつかないのか!! そんなっ!!
もし自分が取れなくて、別の人の劇評に先生のコメントがついたりしたら
私はきっとヤキモチを妬いてしまうっ!!
・・・などと不埒な気持ちを、抑えたり抑えなかったりしながら(笑)
一生懸命書いたのでした。

おかげさまで入賞することができ、
このあと扇田先生の批評も読むことが出来るとは
本当に光栄であり、うれしく思います。
そして自信にもなりました。
これまでは、批評したり指導されたりしたことがほとんどないので
自分の書くものがいいのか悪いのかさえわからなかったですから。
多少は、読むに耐える物を書けているのだなーと思って、ホッとしました。
これからの活動の糧・・・というか、支えになりそうです。


一緒に受賞した方は、私もよくお邪魔するブログの管理人さんで
彼女が応募したことを知らなかったので、びっくりしたとともに
ああ、この方なら当然でしょう、と思いました。
一緒に受賞できて、本当に光栄です。 (ヤキモチも妬かないよっ 笑)


扇田先生、関係者の皆様にも、お礼申し上げます。  
これからも、読みやすく面白い劇評やレビューを書いていくように
がんばって勉強していきたいと思います。
ありがとうございました


| 21:09 | 劇評関連 | comments(8) | trackbacks(0) |
NTR休刊!!!!!
JUGEMテーマ:演劇・舞台

    ガーーーン・・・・・

「NTR」は福岡の劇評誌です。
私も劇評を載せてました。
つたない批評ながらも、「継続は力なりだー!」と、毎号1本は必ず投稿することを自分に課して
投稿を続けて7,8号になりますかね・・・・。

それが、今号(第35号)をもって休刊というお知らせが来ました。

ショック・・・・   私はこれからどうしよう・・・・・


NTRも、編集長さんの多忙もありますが
投稿者が非常に減少してしまったということもあると思います。
(最終号に投稿したのは私と編集長だけ)

いまや、ブログやツイッターでいくらでも感想は書けますし
見た時すぐに感想が書けて、それにすぐ周りの反応もあります。
そりゃあ、劇評を執筆するより、ずっと楽だし楽しいでしょう。
そんなご時世ですから、劇評を書こうなんていう人は、もうあまり増えないのかもしれません。

しかし私は
人様に読んでもらえる文章を書くこと、
単なる個人的感想ではなく、その価値や注目点について検証すること
そして記録として残っていくこと
そういう点から、「劇評」というものは大切だし必要だと考えています。
そういうものが書ける人間になりたいと思って、勉強しているつもりです。


さあ、これからどうしよう・・・・・

自分個人のことはもちろん、もう少し広い目で見て、どうしようかなーと考えています。 うーん。



最後になりましたが、NTRさん、短い間でしたが大変お世話になりました。
これまでの刊行内容を本にまとめるという構想があるようです。
楽しみにしております。






| 16:37 | 劇評関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
山口宏子さんの書いた記事がいっぱい
JUGEMテーマ:演劇・舞台

 ちょっと遅い記事で恐縮ですが
金曜日(3日)の朝日新聞夕刊について。

金曜日はエンタメ情報が多く、音楽、映画、演劇と記事がたくさん載るんです。
今回の演劇関連記事は
「愛知トリエンナーレ2010 『ロボット版・森の奥』」についての劇評と
「中村勘三郎×野田秀樹 『表に出ろいっ!』」公演の紹介記事。

この2つとも、書いたのは私の大好きな 山口宏子さん。
少し前までは、NHKのミッドナイトステージ館の司会兼インタビュアーをされていて
楽しみに見ていたものです。


さらに、
エンタメ面もっとも大きな写真つきの、俳優さん取り上げ紹介コーナー(?)は
今回は小林聡美さん。
これも舞台『ハーパー・リーガン』の宣伝としてであるけれど

このインタビュー記事を書いているのも・・・・・・、山口宏子さん!


えええー??
1つの新聞で、演劇関係記事3つとも山口さんって!
ほ・・・・ほかにいなかったの?書く人。

朝日新聞は、扇田先生、大笹先生のような批評家さんを除けば
演劇記事を担当してるのは3人くらいのような気がしますが・・・・・
もっといたらいいのにと思うんですけど。


まあ、山口さんの記事をたくさん読めるのは、私は個人的にはうれしいんですけどね。


| 21:40 | 劇評関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
「裏切りの街」 劇評
JUGEMテーマ:演劇・舞台

劇評書きました。
劇評ブログ「劇評の森」にも、同じものを投稿しております。




「裏切りの街」 テレビ観劇                              公演  2010年 5〜6月

(鑑賞日時:2010年7月16日)

作・演出  三浦大輔

出演  田中圭、秋山菜津子、松尾スズキ、安藤サクラ、米村亮太朗、他

 

日々怠惰に暮らし、付き合っている女のヒモのように生活している菅原祐一(田中圭)。バイトも無断欠勤し、親からの電話にも出ず、エロ動画を見たり出会い系サイトに電話したりして1日をつぶしている。あるとき出会い系サイト電話に1人の女が出る。なんとなく惹かれ会う約束をしてみると、40歳くらいの女性(秋山菜津子)であった。次第に親しくなり、深い関係に陥るが、祐一は彼女を、女性=智子は夫を裏切る背徳心を抱える事になる。しかしパートナーがいることを知っても、別れる気もないままに関係を続ける二人。やがて智子は祐一の子を妊娠する。同時期に二人の関係も、双方のパートナーにバレてしまう。

 全編を通して漂うけだるさ。頻繁に性行為の描写が出てくるが、イヤな気持ちはしない。祐一と智子は、一秒の猶予もないように慌しく衣服を脱ぎ、貪るようにお互いのカラダを求める。動物的で激しいその行為は、男女の恋のロマンチックさとはかけ離れているようだ。しかしそこに至るまでの二人の会話や態度からは、決して性欲を満たすためだけの相手ではないことを感じる。好きなお笑い芸人が一緒であったり、見た目が好みであったり、何より文句のつけようがないパートナーが居ながら自分はどうしてこうもダメなのか、という劣等感と自責を抱えている事をお互いに感じ取ったことが、二人を結びつけている。それを見ていると、このどうしようもない二人に対して、ある種の愛おしさと共感をおぼえてしまう。

Read more ...
| 23:20 | 劇評関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヨーロッパ企画「曲がれ!スプーン」 劇評
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 

ブログ『劇評の森』に 「曲がれ!スプーン」の劇評をUPしました。

よかったら見にいらしてください♪



| 22:33 | 劇評関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
「馬鹿やろう、そこは掘るな」 の劇評  の ありか。
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
1つ下の記事でPRした、万能グローブ ガラパゴスダイナモスの
5周年記念公演「馬鹿やろう、そこは掘るな」 の
劇評を、
劇評の森>にUPしましたので、よろしかったらおいでください。

こちらでは、他の人も同じ舞台について劇評を書いています。
読み比べて、ご意見などいただければ、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。



| 21:58 | 劇評関連 | comments(0) | trackbacks(0) |