舞台の情報 観劇記録 感想  そして戯言


本日はご来場いただき まことにありがとうございます

このたび 別ブログに掲載していた劇評もこちらにまとめました
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
「浮足町アンダーグラウンド」 初見 impression

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

今日から大野城まどかぴあで

「浮足町アンダーグラウンド」の公演が始まった。

 

http://www.madokapia.or.jp/events/detail/207

 

まどかぴあの創立20周年を記念し

作・中島かずき、演出・内藤裕敬、出演・池田成志 というメンバーをそろえた豪華な公演。

出演者はオーディションで選ばれた。

 

私は昨年秋に、この公演のプレイベントとして開かれた、演劇ワークショップの

レポーターをさせていただいた。

その時にワークショップでしごかれていた役者さんも何人も出ている。

 

 

舞台の感想はまたちゃんと書きたい(できれば劇評にしたい)けれど

今日のざっくりとした感想は・・・・

ちょっと煩雑すぎてよくわからないぞ、というものだった。

最初は良かったのだが、後半からクライマックスにかけて、整理がつかない感じで

「おもしろかった!」というスカッとした爽快感が無かった。

 

この作品、実は先月くらいになって、このようなお知らせが出た。

『稽古の過程の中で、中島かずき氏の執筆した脚本を素材に内藤裕敬氏が新たに書き下ろした台本で上演する運びとなりました。
つきましては、作・演出を
「作・演出:内藤裕敬(中島かずき作「浮足町アンダーグラウンド」より)」に変更させていただきます。』

 

お知らせを読んだ時点では、そんなに神経質になるほどのことか?と思ったけれど

舞台を見て納得した。

これは・・・かずきさんが書いたホンじゃないわ。

内藤さんの舞台は(失礼ながら)拝見したことがないが、かずきさんの舞台はいくつも見ている。

かずきさんだったら、このような"ぶっこみ"はしないし、もっとわかりやすいだろうし

ラストで収束させて、見栄を切った感じで終わるので爽快感があるはず。

だから、これをかずきさんの脚本として上演したら

かずきファンは「ホントに?」と思うだろうな。

 

かずきさんが良くて内藤さんが悪いと言っているのではない。

でも作風の違いは明らかだ。

だから、まどかぴあもあんな告知をしたのだろう。

 

今日は、「そうはいってもかずきテイストだろう」みたいな気持ちで見ていたから

ちょっと想像と違ってすんなり受け止められなかった。

明日ももう一度見るので、もう少しちゃんと見よう(笑)

 

しかし、「誰々作」とかいう先入観は、意外と邪魔をするものだなw

 

 

役者さんたちは、福岡周辺を代表する役者さんが多くて

もちろん皆さんうまかった。

これだけのメンツで芝居をすれば、じゅうぶんクオリティの高いものができるなと実感。

このくらいの舞台が定期的に県内で行われたら、水準もだいぶ変わるだろうに。

 

それから、ワークショップを受けていた役者さんたちの進歩がよく見えて良かった。

ワークショップの時に厳しく注意されていたところが、かなり直っている。

特に、それぞれが自己流で客へアピールばかりしている感じが消え、

相手役とちゃんと向き合い会話しているようになっているところに

一番進歩を感じて驚いた。

(実はそれもクライマックスあたりでわやくちゃになってしまったのだけれど)

 

 

池田成志さんはやはり文句なしにステキ。レベルが違う。

あと、食堂店主役の木内さんも。

経歴を見たらSCOTに所属していたことがあるらしい。さもありなん。

 

 

明日も見て来ます。細かい感想はまたその後で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 00:15 | 舞台感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
とんじる祭
JUGEMテーマ:演劇・舞台

昨日は、まどかぴあワークショップで知り合った方に紹介をされて
『とんじる祭』というのを見に行って来ました。

5つの演劇集団が、10〜15分程度の作品を発表するのだと聞いていました。
参加団体は、ユニットれんげ、陰湿集団、サンピリ、劇団「M」、みかんプロジェクト。
場所は、甘棠館Show劇場。

まず、予想はしていましたがお客さんの年代が若くて!
ほぼ大学生くらいだったと思いますが、ちょっと勇気が要りましたね(笑)
私もこういう子たちだったのにな〜、すっかりオバサンだわ〜、母親でもおかしくない年だわ〜などと思いつつ(笑)中へ。

今回の企画には、上演する際のテーマが決まっていて
1つは 映像とコラボレーションすること。
もう1つは 他団体の役者を1人以上使うこと。
これはなかなか面白い取り組みだと思いました。


各団体の作品内容を簡単に。

 
Read more ...
| 08:41 | 舞台感想 | comments(2) | trackbacks(0) |
小林賢太郎ソロ公演「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」を見る(舞台メモ付)
JUGEMテーマ:演劇・舞台

すっかりお久しぶりとなっております。

先日、タイトルの公演を見に行って来ました。
演劇公演を見るのも久しぶりだし、西鉄ホールも久しぶり(笑)
当日券で入ったので、スタッフの方に指示されて並ぶ。
この方は、・・・西鉄ホールのスタッフリーダーの・・・・お名前が思い出せない(;;)
でも私の顔を覚えていてくださって、うれしかった!
何年ぶりでしょうか。ごぶさたしております。

高校生になった娘が、今さらながらラーメンズ&賢太郎さんにハマっているようなので
思い立って当日券で見にきました。
「SPOT」以来かなぁ。
一番後ろの当日券用の席でしたが、とても見やすかったです。


舞台は相変わらず緻密で凝っていて、おもしろかったです。
娘は身を乗り出し、声を出して笑い
驚くと少女のように両手で口を覆ったりして
夢中で見ていました。
カーテンコールでは一生懸命手を振って。
終わってホールを出たら「あっという間だった・・・」と名残惜しそうに
アンケートを長い時間かけて書いていました。
その後お茶を飲みましたが
「賢太郎さんが同じこの街にいると思うだけでうれしい」
なんて言いやがりましてw
大ファンだな!!!(笑)

でもわかるよ、その気持ち(*^-^*)
賢太郎さんには中毒性があるからね〜。


賢太郎さんがカーテンコールでこう言いました。

「僕はメディアにあまり出ませんが
良いものを作ろうということはいつも思っています」
「良いものなら、鼻が利くヤツは 絶対嗅ぎ付ける」
「ただ、友達とは話合わねーんだろうなー!(笑)」

「僕に気づいてくれてありがとう。
小林賢太郎は劇場に居ます。」

相変わらずブレないポリシーですね。
でも知名度は、きっとずっと上がり続けているし
客層も、いつも若いし、男性が多かったりするところを見ると
ずっと若い人の感性を刺激し続けているのだろうなぁと思います。


劇評はのちほど。

舞台内容のメモを貼っておきます。長いのでたたみます。
舞台をごらんになった方は、このメモを読んで舞台を思い出していただけるかと思います。






 
Read more ...
| 10:09 | 舞台感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
シス・カンパニー 「寿歌」
JUGEMテーマ:演劇・舞台

作 北村想
演出 千葉哲也
出演 堤真一 、戸田恵梨香、橋本じゅん

戸田恵梨香にインスピレーションを受けて
オープニングを書き足したというが
唐突でよくわからなかった。
2回見たので、2回目は理解して見られたが
あれだけのメッセージ(というかバラシ?)を冒頭に持って来たら
もったいないような気がした。
ラスト、もう1回繰り返すとかできなかったのかな。

昔のままの寿歌で
セリフが懐かしかったが(20年以上前に既見)
全体的に古い感じがしたのは
脚本のせいなのか、演出のせいなのか、
あるいは役者がベテランのせいなのか。

震災・原発事故とのつながりや
戸田恵梨香ちゃんの下品なセリフ(←実はさほどでもない)が
前評判で取り沙汰された本公演だが
ずっとずっとおとなしいものだった。

美術が松井るみさん。
期待したがイマイチ。
シンプルで良い舞台(特にカキワリ)だが
「荒野」は感じられなかった。
それこそ、震災のイメージを避けたのでは?と勘繰り。

パンフレットの扇田昭彦先生の解説に打ちのめされる。
壁に張っておきたいような名解説だ。
私はどうあがいてもこうは書けない。少しため息。
| 10:32 | 舞台感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」 感想
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
ワタクシ、新感線はお気に入り劇団の一つなので
感想がマニアックな点があることを、お許しくださいw


観客が多くて驚いたのですが
実は公開始まってまだ1週間だったのですね! 多いわけだ。

で、内容はというと
実におもしろかった!!!
やっぱりさすがだな〜と感服

「薔薇とサムライ」は、以前の作品「五右衛門ロック」の続編ともいえる作品で
石川五右衛門(古田新太)が出てくるお話。
今回は、女海賊(天海祐希)と友達で、
この女海賊が実は、小国の王女の血筋であり、
国の実権を握っている大宰相の暴政をあばくべく、大活躍。
それを影となり日向となって助ける五右衛門と、周囲の人々の、大活劇! みたいな話。

「五右衛門」シリーズは、なにせ楽しそうで良い。
役者がみんな、カッコつけて見栄を切りまくり。 
それを音楽・照明・効果音が煽る。
楽しかろう、役者さんたち
それがビンビン伝わってくる。

話も、エロもグロもなく、子供から老人まで楽しめてワクワクするだろうな、と思える。
ちょっとロックな音楽の好き嫌いはあるかもしれないけれど(笑)


なにせアンヌ(天海)が、かっこよすぎの美しすぎ。
さすが宝塚、というのは平凡な評価だが
歌はうまい、立ち姿は美しい、顔つきはカッコイイ、脚は長い。衣装もたまらん。
天海姐さんのプロモーションビデオと言ってもいいかもしれない!(笑)

そして、テレビドラマで見るよりも、数十倍もかっこいい天海姐さん!!!
舞台人の本領発揮といえます。 テレビで見るのとはまったく違います。
ぜひあの魅力を、その目でたしかめてほしい!!!


細かい話をする前に、声を大にして言いたいのは
少しでも興味のある人は、無理をしてでも見るべき!!!
2500円、じゅうぶん元を取れます。
とにかく楽しい。ぜいたく。
こんなにワクワク・うっとり・爆笑できることは、日常ではそうありませんよ!
3時間半、あっという間です。

ゲキシネの宣伝マンでした(爆)



それでは、細かい点については後半で。

Read more ...
| 22:04 | 舞台感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
長谷川寧さんっっ(≧∇≦)
JUGEMテーマ:演劇・舞台

冨士山アネット、超絶カッコ良かった!!!

久々にミーハーアドレナリン噴出(笑)
スタッフのNさんに勧められて
なけなしの金をはたいてDVDを購入。

そこへ長谷川寧さんが!!(°□°;)
さらにNさんが頼んでくれて、サインまで!!!
110429_1625~01.jpg


さらにさらに
隣りでグッズを買われていた女性と話していたら
写真を撮らせてもらいましょうという話に(°□°;;;)
「わ、私はいいです!」と言うと
「2人で撮るのは頼みづらいから、3人でって言いましょうよ」

私も、自分が入るかどうかはともかく
長谷川さんの写真は欲しかったので(笑)
お願いすることにしました。


じゃーん!

110429_1523~01000100010001.jpg

長谷川さんが着ているTシャツは、本公演のオリジナルデザインです。
ポスターの柄が描かれています。
このお客様は、Tシャツ買ってました。
かっこいいから私も欲しかったけど、お金がなかった(;_;)



ミーハー話ばっかりでゴメンナサイ。
公演のちゃんとした感想は、あとで真面目に書きます。

またゼッタイ福岡に来てくださいね、長谷川さん!!
| 16:36 | 舞台感想 | comments(2) | trackbacks(0) |
グレコローマンスタイル「アンタガタドコサ」 観劇
JUGEMテーマ:演劇・舞台

4月17日(日) 14:00〜    ぽんプラザホールにて


グレコの舞台は、これで2,3回目。
最初に見たのがたしか『第3章』で、
お話もおもしろいし、展開や演出も凝っていて、役者もなかなかうまいし
力のある中堅劇団だなと思っていた。

しかしその後、いくつか見たのだが
「コレ」といった作風がなく、なんだかいつもいろんなことをしている。
いつも新しい作風にチャレンジしていると言えばそうなのかもしれないが
それが成功している時と、そうでない時があるのだ。

今回も、あまり成功しているとは、私は思えなかった。


今回は、“DDシアター”という企画に乗って行われている。
DD すなわち ドラマドクター にアドバイスをもらいながら作品を作る企画。
外部の演出家などを招いて、助言をもらいながら制作することにより
自分たち劇団の中だけで満足しているのではなく
新しい視線や方法を取り入れて、劇団あるいは作品を成長させようという試みだ。

今回グレコは、大阪の劇団太陽族の岩崎正裕氏をDDに迎えた。



DDシアターの目的として
「福岡にとどまらず、全国に発信可能なクオリティを備えた表現団体を支援」とある。
ということは、
この企画を経てグレコが今後、福岡から飛び立ってもやっていける力を持った団体になるはずだ、
少なくともそれくらいの意識を持って作った作品だ、と
思って見てしまうだろう。

そういう意味では、やや期待外れであった。
そこまでのクオリティが感じられたとは言い難い。


見終わって、何がイマイチだったのかなと思い返すと、
役者の技量は申し分ない。
演出も、意外性やおもしろみには欠けたが、マイナス点をつけるほどではなかったと思う。
やはり今回私が入り込めなかったのは、脚本のせいではないだろうか。

HPの、主宰 山下晶さんの文章に
「岩崎さんに会って、一気に書けなくなった、何を表現したいのかわからなくなった」
とあるが
そのような迷いが、脚本に出てしまっていたのではないか。
結末に向かって収束していく勢いや、ストーリー全体としてのまとまりが弱く
コメディにしたいのか、シリアスにしたいのか、そのバランスも悪く
(ちょっとキツイ言い方だが)締まりのない話になってしまっていたように感じた。



公演の内容と詳しい感想については、たたみます。 (後日書きます)











 
| 09:08 | 舞台感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハイバイ「投げられやすい石」 観劇
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
ハイバイ観劇。
これまでずっと見たかった劇団ですが、
なかなか見る機会がなくて。
前作「て」も、かなり高評価だったし、地方公演もあったのですが
北九州だったので行けず、残念に思っていました。

ようやく今回見ることができました。
いつも利用している隣町のホール 大野城まどかぴあの
大ホールの「舞台上舞台」とのこと。
どんなことになってるんだ?と思いましたら・・・・

舞台の緞帳を下ろして、暗幕を引いてあり
四角いただの台のような舞台がおいてあります。
客席は舞台奥に組んである。
つまりお客さんは、舞台の上からホールの客席側を向いて座っているかたちなわけです。
でも緞帳が下りて仕切られているから、客席は見えませんけどね。



私、当日席に座ってパンフを見てはじめて、
サンプルの松井周さんが出演されていることを知りました!(笑)
サンプルも見たい劇団の1つですが、見れていない。
今回は役者での参加ですが、松井さんという人を見られるので、さらに楽しみになりました。

お客さんは満員。(この日は岩井秀人さんのアフタートークもあるからでしょう)
舞台にくっつく所まで、客席が組んであります。


舞台の上には、ボロい横長ベンチが2脚と、鉄棒のような鉄枠と、看板のようなものがあります。
ベンチは組み替えることによって、その場所をうまく表し
鉄枠は主に出入り口を表し、
看板は、そこの写真をかけ変えることで場面転換を無言で説明する。
場面転換は、それらの舞台装置を、役者自身たちがちょっと動かすことで行われます。
簡素でいて、とてもわかりやすい転換でした。
(アフタートークで岩井さんが、こういう演劇的な表現や工夫が好きだ、みたいなことを言っていました。
そういうところにこだわっているとも。)


ストーリーは、美大時代に天才と称された佐藤と
凡才だが佐藤に励まされて絵をがんばって描いていた山田の話。
あるとき佐藤が忽然と姿を消し、山田と、佐藤の彼女だったミキは困惑するが
なんとかそれを消化して、新しい生活にシフトしていく。
そんな時、失踪してから2年たって突然、佐藤が山田たちに会いに来る。
現れた佐藤は明らかに様子がおかしかった・・・・ といった話。

凡人山田を演じたのが、松井さんだった。
普通な感じだった(笑) やさしそうで、温厚そうな。
失礼ながら劇団の主宰者には見えないぞ(笑)

何より驚いたのが、佐藤を演じた岩井さんのうまさ!!!
岩井さんはすでにかなり有名人で、いろんなところに出ているが
それは、ご本人のキャラクターがおもしろかったり、書くものがおもしろかったりするせいだろうと思っていた。
しかし!! 演技もずば抜けてうまい!!
この集中のしかたは何だろう。 憑依タイプなのかな。 いや違う気がする。
本当にうまくてびっくりした。 (岩井さん今まで誤解しててゴメンナサイw)

ミキ役の内田さんも美しくてじょうず。
(NHK教育テレビの「みぃつけた」」のデテコをやっているんだって! 見てますよー♪ )
つぶやくような演技が最初多かったのだが
ラストの方の声量や迫力、歌声に感心。

コンビニの店員さんもチョー怖かった(笑)



舞台全体が、ほぼ口語。
そして普通の声量。 演劇チックに声を張ったり滑舌ハキハキしゃべったりはしない。
話が盛り上がらなくて気まずい間、みたいなので全編おおわれている。
これはいったい、どういう脚本になっているんだろう?
あの、「あ、・・・・え・・・・・あぁ、えへへ・・・・・・・あ、・・・な、なに?」みたいな会話は
どう書かれているんだろう?
あれは脚本に書いてあることなのか、それとも演出でああなっているのか???

すごく疑問に思ったので、「て」の脚本を購入してみました。(まだ読んでないけど)



やっぱり評価される舞台、評判になる作家って言うのは
他にない魅力を持っているものなのだなあと、あらためて納得。

からだや大声を使ってアピールするわけでなく
チェルフィッチュほど奇抜なスタイルなわけでもなく
でもなんだか魅力的。中毒になりそう。 
他の作品もぜひ見てみたいと思いました。
テレビでやらないかな、「て」。




おもしろかったです。
次回作は、ユースケ・サンタマリアさんとか有名人を使った舞台で
東京でしかやらないみたい。
またぜひ福岡においでください。 次回は、北九州だろうと無理して見に行きます!


劇評を書く予定です。(がんばれ)

| 01:06 | 舞台感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
非・売れ線系ビーナス「hideの真似して死ぬなんて」 感想
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
博多扇貝は狭いね!(笑)
この前、14+を見た時も、なかなか苦しい客席だったけど
今日はそれ以上だった。
前の人に足が当たっちゃって、気になった。 段差も高いし。
14+もそうだったけど、ここではあんまり長い作品の観劇はキビシイね。

今日の公演も約60分。


結論から言うと、今まで見た中では一番良かった。
(ちなみにこれまで見たのは、『20世紀累ケ淵』。田坂脚本では『アームストロング・コンプレックス』
田坂哲郎さんって、ちょっと時代劇ものが好きで
盛り上がるんだけどとっ散らかっちゃってる印象(暴言)・・・があったんだけど
今日の舞台は時代物じゃなかったし
出演者も4人と少なく、話もコンパクトでまとまりがあった。
と思いました。

役者さんも、『累ヶ淵』の時は、うまい人もヘタな人も混ざっていっぱいいて
立ち位置もなってなくて、失望したんだけど(暴言×2)
今日の役者さんは安心して見ていられるレベルの方々だった。


この劇団で特筆すべきは、
演出が田坂さんから木村佳南子さんに代わったこと。
今日はそれも見たくて行きました。
これに関しては、私は成功していると思いました。
場面の転換、役柄の転換がスムーズで緊張がとぎれない。わかりやすい。
今日の舞台は、特別目を見張るような演出が要求される作品ではなかったですが
細かいところまで神経を使って仕上げてあったと思い
私は好感を持ちました。
以前の作品とは、良い意味で違う印象を受けました。

次回は、福岡演フェスに出演されるそうなので
これもぜひ見に行って、もう一度「違う印象」を確かめて来たいと思います。


一番「どうなんだ??」と思ったのはタイトルだな。
他にもっといいタイトルをつけたら良かったのに。
タイトルでは hide のことなんかに触れないで、それで
話の中身でだけ触れたら良かったんじゃないかな〜。
ま、あくまで私の好みの話ですけど(笑)


劇評書いたら、またお知らせします。


| 22:28 | 舞台感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
「抜け穴の会議室」 感想
JUGEMテーマ:演劇・舞台

前記事のとおり、初キャナルシティ劇場で見てまいりました、『抜け穴の会議室』


まず劇場にはいると、舞台が見えまして、
高い壁のようなバックが立っていて、ところどころ四角い窓のような穴。
そこから光が差している。
中央にはらせんというか・・・・かたつむりの渦のような形の
うずまき形の通路のようなものがあり、
何かが積まれている。
席がかなり遠かったのだが、よくよく目を凝らすと
四角い窓のようなところに立てかけてあるのも、床に積まれ散らばっているのも
本だということがわかります。
 
開演10分前、携帯を切れとか販売品を買えだとかいう女性の声のアナウンスが入りました。
それにかぶせて
「今のところ大事やから、もういっぺん言っとこーか!」という
関西弁の蔵之介さんの声(笑)
何をもう1回言わせるのかと思ったら、物販を買えのくだりを、
しつこく3回ほど、商品名まで入れて言わせていましたww

さらに開演時間。
またアナウンスが入ったと思ったら
「前作で共演させていただきました、市川亀治郎です」
次回も出させてくれると言ったのに、アナウンスなんかでごまかして、みたいな悪態をつきながら
非常灯も消えるのでご注意を、みたいなことを言う。
「市川亀治郎でした」とアナウンスが終わると、なぜか客席から拍手が(笑)
カメ、人気だなあ!

カメが終わると、引き続き男の人の声。
「前回の『抜け穴の会議室』に出ました、仲村トオルです」
やはり文句を言いながら、携帯の電源を切ってくださいなどとアナウンス。
仲村トオルさんのアナウンスが終わると、
こんどは蔵之介さんの声で
「え、今からどこ? 中洲川端?? すぐ追いかけまーす!」
ちゃんと福岡仕様じゃん。さすが。

蔵之介さんのサービス精神に感心(笑)


そんなお楽しみを経て、いよいよ開演です。





Read more ...
| 01:40 | 舞台感想 | comments(2) | trackbacks(0) |