舞台の情報 観劇記録 感想  そして戯言


本日はご来場いただき まことにありがとうございます

このたび 別ブログに掲載していた劇評もこちらにまとめました
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
万能グローブガラパゴスダイナモス「西のメリーゴーランド」公演紹介
JUGEMテーマ:演劇・舞台

先月、テレビの番組表で『マニア・マニエラ』とかいう深夜番組を見つけて
ゲストが「万能グローブガラパゴスダイナモス」とあったので
録画してみました。
そしたら、まもなく始まる舞台「西のメリーゴーランド」の宣伝でした。

劇団&公演サイト:http://www.galapagos-dynamos.com/index.html

この前のワークショップでお見かけした面々(椎木さん、阿部さん、横山さん、田崎さん・・・)が
テレビの中で楽しそうに練習してました。
今回は、大阪・東京公演もあるとのこと。すごいじゃないですか!
(しかも東京は駅前劇場! しかも豪華ゲストとアフタートーク!)

151128_0845~01.jpg
画面撮りで見にくくてごめんなさいね。


んで、せっかくなので福岡公演を見に行くことにしました。
ガラパの舞台見るのはメッチャ久しぶり!・・・5年ぶりくらいかも。
楽しみにしてますね。

ここ数年の福岡演劇界では、もっとも活発に活動を続けている劇団だと思います。
えらい。(笑) いやマジで。続けることはすばらしいことです。

公演成功、お祈りしております!

 
| 13:50 | 演劇情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
扇田さんを送る会 詳細
JUGEMテーマ:演劇・舞台

扇田さんの記事ばかり続いて、扇田ブログのようになっていますが(笑)
これで最後にします。

送る会の詳細がレポートされました。
http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/150707/e_sogi0001-n1.html
(1)〜(8)まであります。


扇田さんは誰に対しても、飾らず平等に扇田さんであり
いつでも初めて出会ったもののように新鮮な気持ちで、舞台をご覧になられていたのだなぁと
演劇人の方々のメッセージを読んで感じました。
そのようにあることは決して簡単なことではない。
お人柄と、純粋な演劇愛の成せるわざだったと思います。
「こんな人になりたい」 
あらためて思わされました。




WEB記事は、将来消されてしまう可能性があるため
たいへん長いですが、コピーして貼っておきます。


 
Read more ...
| 22:01 | 演劇情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
扇田さん さよなら
7月6日は「扇田昭彦さんを送る会」でした。

Twitterなどから、雰囲気のよい追悼会だったことがうかがわれます。
たくさんの演劇関係者が来場されたよし。





(画像はtwitterからお借りしました)


亡くなられたという実感がまったくなく、
来年あたり、また講座があるというお知らせが届きそうな気がしてしまいます。
もう先生のお話を聞いたり、笑顔を拝見したりすることはできないのですね。
さびしいです。


少し思い出を並べて、お別れします。
扇田さん、さよなら。大好きでした。  これからもずっと私の心の支えです。

150706_2309~01.jpg  150706_2310~01.jpg



  
(飲みの席でお隣りでした)









 
| 10:49 | 演劇情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
岸田國士戯曲賞発表
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
今年の岸田國士戯曲賞に、以下の3作品が選ばれました。

ノゾエ征爾(劇団はえぎわ) 『〇〇トアル風景』

矢内原美邦
(ミクニヤナイハラプロジェクト) 『前向き!タイモン』

藤田貴大
(劇団マームとジプシー) 『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界』


3作品同時受賞は、報道によれば29年ぶり。
29年前の3作品というのが、
野田秀樹『野獣降臨』、渡辺えり子『ゲゲゲのゲ』、山元清多『比野置ジャンバラヤ』

私が演劇にハマりだした頃でなつかしいですが
もう30年も前なのか!!(爆)


ノゾエさん&はえぎわ はかなり名前売れてるし
ミクニヤナイハラもテレビで見た。
マームとジプシーは劇団名しか知らない。この藤田さんという人を知らない。
なかなか地方ではお会いできない人&劇団だと思う。
これを機にテレビ放送などが成されるとよいのですが。(それははえぎわも同様)


野田さんがコメントで
「ドラマ性の強い作品で良いものが出ることを期待する」とありましたが
まあ、最終候補に残っていた前川さんや田村さんなんかはドラマ性が高いと思うけど
たしかに最近の若い舞台は、身体表現重視や感覚に訴えるものが多いですよね。
(それは良いことでもあります)

それよりも!
この選考委員で1つの作品を選べという方がむずかしいのでは!!(笑)
個性強すぎだろう!
このメンバーをまとめるのは野田さんの役目なのですか? ご苦労様です。
(ちなみに選考委員は
岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、松尾スズキ、松田正隆、宮沢章夫)
この方々全員を唸らせる作品を書くのは
なかなか大変でしょうね〜。 



岸田國士戯曲賞については
白水社HP:  http://www.hakusuisha.co.jp/kishida/award.php

| 08:55 | 演劇情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
読売演劇大賞に 前川知大さん
JUGEMテーマ:演劇・舞台

前川さんが「奇ッ怪 其の弐」の脚本、「太陽」の演出などで
大賞をとりました!
おめでとうございます。

実はこの前の雪の日に、ちょうど録画してあった「奇ッ怪 其の弐」を見て
やっぱうまいな〜と唸ったところだったので
この受賞はタイムリーで個人的にもうれしいです!!


この記事はのちほど追加で書きます。すいません。


「奇ッ怪 其の弐」についても、後日書きます!

 
| 00:29 | 演劇情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
鶴屋南北戯曲賞に鈴木聡さん
JUGEMテーマ:演劇・舞台

今年の、第15回鶴屋南北戯曲賞に
ラッパ屋の鈴木聡さんの 「をんな善哉」が決まりました。

鈴木聡さん、まだ取ってなかったんかい!とツッコミたくなるような人ですが
これまでにも何度もノミネートされているんですね。
ようやくというか、満を持してという感じでしょうか。

南北戯曲賞は、去年前川知大さんが受賞され、
前川作品のファンである私は喜んだものでした。

ラッパ屋さんは、テレビで1回見たことがあるかなあ。
実はあまり作品は見たことないのですが
人気がある(特に中年サラリーマンに人気が高いと聞きます)ことと
あの独特の絵のチラシが脳裏に浮かびます。

で、受賞作「をんな善哉」って、公演知らないな〜、こんなのラッパ屋やったかな?と思ったら
青年座の公演だったんですね。


ノミネートを見ると、また中津留章仁さんが入っている。
中津留さんも受賞が近いかな(^^)
でも中津留さんて、よく知らない(爆)
福岡では見れない人だよね〜(; ;) こんどまたちゃんと調べよっと。



 
| 08:47 | 演劇情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
「アイドル、かくの如し」を観ないことにする
JUGEMテーマ:演劇・舞台

 本日より「アイドル、かくの如し」福岡公演開幕。(1日だけだけど)
作・演出 岩松了   
出演  宮藤官九郎、夏川結衣、他

仕事をさぼってでも行っちゃおうと、なかば決心していたのだが
口コミを今朝検索して、あまりに評判が悪いのでやめることにする。
自分で見ないでそういうことを言うのはよくないが
大金を払って(1月は非常にキビシイ)、仕事をさぼってまで行く必要はなさそうだと判断。
夏川さんが見たかったんだけど・・・・。
でも夏川さんについても「きれいだった」という評しか見かけなかったからな。

岩松了さんの作品は、いまだ観たことがない。
あまりおもしろいという評判を聞かないので(笑)
私が判定してやるぜ!という気持ちもあるし
岩松さんは福岡演劇フェスティバルのコンペ審査員をやったり
地元長崎の劇団を支援・アドバイスしたりしているから、興味もある。
役者としては好きだしね、テレビなんかで見るには。

今回は時間も良くて
13時開演だったから、小学生が学校に行っている間に観て来れる。
理想的だったんだけどな〜。
残念。

でも、高いお金を払って退屈するよりは
そのお金で地元の小劇団の秀作を2本観る方が賢明ではある。

地元劇団の秀作というのを選ぶのもまた難しいんだけど(笑)
| 08:28 | 演劇情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
チャリティーオークション in 演劇ぶっく
JUGEMテーマ:演劇・舞台

すっっっかり更新が滞っていてすみません。
なんせ演劇と無関係な日々を過ごしておりますゆえ(涙)


今日は久しぶりに、小林賢太郎さんの情報を見にサイトへ行きました。
『小林賢太郎テレビ が、来週放送とのこと!!
あぶない、見落とすところだった!!
子供たちも大好きなので、見落とすわけにはいきません。

『小林賢太郎テレビ 3』   8月24日(水) 23:30〜 NHKBSプレミアムにて。
  1 と 2も合わせて再放送があるそうです。



さて、メッセージを読んでいたら
「演劇ぶっく」で演劇人によるチャリティーオークションを開催したとのこと。
全然知らなかった!
演ぶのHPに行って見てみたら、7月末で終わっていました。
まったくもう、収集能力もほぼゼロだわ


すでにオークションの結果が出ていたんですが・・・・・
やはり小林賢太郎人気@演ぶは、異常ですね
小林さんの出品したPOTSUNENのハット(内側にサイン入り)が
ダントツの高額で 60万円!!
次が片桐さんの、ラーメンズ公演使用衣装 43万円!
その次が久ヶ沢徹アニキの、KKP公演使用衣装 26万円!
  ケタちがい!!!

小林さん関連品だけで、かるく130万円超え。 おそろし〜。
(小林さん関連品以外で10万円台に乗せたのは、早乙女太一くんだけですもん。)


まあ、そんなものが手に入るのは、こんな企画だけでしょうからね。
もう終わっちゃったけど
このニュースがファンの間を駆け巡ったときは、ものすごい騒ぎだったことでしょう。


しかし〜・・・・ お金があるんだなあ、賢太郎ファンは。
もっといろいろオークションしてみたらどう?賢太郎さん。(毒)


私が一番欲しかったのは
宅間孝行さんが出品した、『くちづけ』のDVD!
でも4000円超えたから、普通に買った方が安いな(笑) 





 
| 11:22 | 演劇情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
野田秀樹さんに紫綬褒章
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
すっかり更新が滞っております。
ワタクシ、私生活の方が大変忙しい状況となり
舞台を見に行く余裕がまったくない日々を送っております。
劇場に行けないのはもちろん、演劇番組すらチェックできない有様

たいへんお恥ずかしい話ではありますが
無理をしてもしょーがないので
当分、時折テレビや新聞に出る情報を取り上げていく程度で参りたいと思います。

気力・体力・時間に余裕が出てきましたら、また劇場に足を運び
舞台のレビューも書いていく所存です



さてさて。 タイトルの話をしましょう。


野田秀樹さんが、紫綬褒章を受与されました!!!

私にとって野田秀樹さんは、高校時代からのつきあいで(私の一方的な 笑)
いつまでたっても青臭く、かっこつけずにフザけた文章などを書いている
という面では
「同じ学校出身の変わった先輩」みたいな存在でして。 (同じ学校ではまったくありませんが 笑)

一方ではイギリスへ留学したり、ガイジン俳優と舞台を作ったり
国内でも第一線の大舞台を作って、問題提起も怠らないという
一流文化人にして天才、という人であり
「カッコイイ自慢のお兄ちゃん」的な存在でもありました。


そんな(私の一方的な目線で) お兄ちゃんが
紫綬褒章って・・・・・

すごいんだかなんだか、もう・・・・  わけわからん(笑)

考えてみれば、イギリスの勲章ももらっているんだし
演劇界では間違いなくトップグループに存在する人であり
年齢も55歳と言ったら、そんなのももらってもおかしくない年なんでありますが

なんかね、笑っちゃうんですよね、ぷぷって。
野田さんが紫綬褒章ね〜・・・・ふ〜ん・・・・ぷっ  みたいなね


馬鹿にしてるんじゃありませんから、念のため。
なんだか・・・・・似合わなくてさ。



野田さんは、勲章をもらおうが何しようが
「自分の作りたいものを作る」というスタンスは変わらない人だと思うので
この先も変わらない舞台を創り続け、奇抜な役どころで舞台に立ち続けるんでしょうな


受賞の時のコメントが、またかっこよかったです。
「人の行ったことのないところへ行きたくなるというか、橋をかけたくなるのが
癖のようなものです」

NODA・MAPサイトにも公式コメントが載っております。 ご参考までに。






| 20:19 | 演劇情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
三谷幸喜さん、小林聡美さん、離婚
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 

ええー、なんかショック。

あんなに仲良さそうだったのに。
三谷さん、いつも小林さんのこと誉めてたし、自慢していたのに。

ちょっと残念だな。



でもあの二人は、今までと同じように飄々と仕事をこなしていくような気がする。
嫌いになって憎み合って別れたんじゃないような気が。
どっちも才能がありすぎたのかな・・・・。


三谷さん、50年記念イヤーに、またとんでもない記念が入っちゃいましたね


| 23:59 | 演劇情報 | comments(2) | trackbacks(0) |